ドップラー効果とその関連のノーベル賞受賞者

スウェーデンの発明家で化学者のアルフレッド・ノーベル(1833-1896)は、ダイナマイトの発見と取得特許(1867年)によって、すぐに巨額の財産を築きました。彼はその遺言の中で、自らの財産を基金とし、毎年の利息を過去1年間に人類に最も貢献した人々に賞(1901年以来、ノーベル賞と呼ばれています)として分配するようにと言い残しました。賞金は、物理学、化学、生理学または医学、文学、平和の五分野で均等に分けることになりました。

当時、ドップラーの発見がこれらの科学分野のいくつかの発展にどれほどの影響を与えるのか誰も予想できませんでした。現在までに、医学、物理化学技術、自然科学分野でドップラー効果を使用しなければ不可能であった研究成果に対して、合計19人にノーベル賞が授与されています。

Timeline

Timeline
1919

電子線発光のドップラー効果の証明と電界におけるスペクトル線の分離効果の発見

ヨハネス・シュタルク

ヨハネス・シュタルク(1874-1957, ドイツ)

授賞の根拠:「電子線発光におけるドップラー効果の発見と電界におけるスペクトル線の分離(シュタルク効果))

ドイツの物理学者は、1905年に電子線発光の光学ドップラー効果を発見しました。彼は、光源の動きが放出する光の周波数に影響を与えるというドップラーの仮説を実験的に証明しました。

1961

ガンマ線の共鳴吸収についての研究とメスバウアー効果の発見。

ルドルフ・L・メスバウアー

ルドルフ・L・メスバウアー (1929年 – 2011年, ドイツ)

授賞の根拠:「ガンマ放射線の共鳴吸収に関する研究とこの関連で彼の名前を冠した効果の発見」

ミュンヘンで生まれ、当時最年少のノーベル賞受賞者だった32歳のメスバウアーは、「結晶内の原子と自由空間の原子とでは、その吸収線スペクトルは、ドップラー周波数シフトに従い、異なるパターンを示す。」という発見をしました。

1981

レーザー分光法の開発への貢献

ニコラアス・ブルームベルゲン(1920-2017、アメリカ、オランダ生まれ)とアーサー・レナード・ショーロウ(1921-1999、アメリカ)

ニコラアス・ブルームベルゲン(1920-2017、アメリカ、オランダ生まれ)とアーサー・レナード・ショーロウ(1921-1999、アメリカ)

授賞の根拠:「レーザー分光法の開発への貢献」

1989

イオントラップ技術の開発

ヴォルフガング・パウロ(1913-1993、ドイツ)とハンス・ゲオルク・デフメルト(1922-2017、アメリカ –ドイツ生まれ)

授賞の根拠:「イオントラップ技術の開発」

1997

レーザーを用いて原子を冷却し、トラップする方法の開発

レーザーを用いて原子を冷却し、トラップする方法の開発

スティーブン・チュウ(1948 – , アメリカ),クロード・コーエン=タンヌージ(1933 – , アルジェリア生まれのフランス人) とウィリアム・ダニエル・フィリップス(1948 – , アメリカ)

授賞の根拠:「レーザー光で原子を冷却し、トラップする方法の開発”

画像: クロード・コーエン=タンヌージ (2007) アミール・ベルナト撮影– ., GFDL,リンク

2001

アルカリ原子の希薄ガス中のボーズ・アインシュタイン凝縮の実現、および凝縮物の特性に関する初期基礎的研究

アルカリ原子の希薄ガス中のボーズ・アインシュタイン凝縮の実現、および凝縮物の特性に関する初期基礎的研究

エリック・アリン・コーネル(1961年 – アメリカ),ヴォルフガング・ケッテルレ(1957年 – ドイツ)、カール・エドウィン・ウィーマン(1951 – , ドイツ)

授賞の根拠:「アルカリ原子の希薄ガスにおけるボーズ・アインシュタイン凝縮の達成と、凝縮物の特性の初期の基礎研究」。


画像:ベッツィーテデバインのエリック・アリン・コーネル – 自分の作品, ,リンク
画像: ヴォルフガング・ケターレ by Kzirkel – 独自の作品, ,リンク

2005

光周波数コム技術を含むレーザーベースの精密分光法の開発への貢献

2005年 光周波数コム技術を含むレーザーベースの精密分光法の開発への貢献

ジョン・ルイス・ホール(1934年 – アメリカ)とテオドール・ヘンシュ(1941年 – ドイツ)

授賞の根拠:「光周波数コーム技術を含むレーザーベースの精密分光法の開発への貢献”

画像: テオドール・ヘンシュ 著作権は、機械可読形式では示されていません。Blinking Spiritは、(権利者の表示に基づく)権利者であると仮定されます。著作権は、機械可読形式で示されていません。これは、(権利保有者の指示に基づいて)独自の作品であると仮定されます。

2006

宇宙背景放射に関する研究

ジョン・クロムウェル・マザー (1946年 – アメリカ)とジョージ・スムート(1945年 – アメリカ)

ジョン・クロムウェル・マザー (1946年 – アメリカ)とジョージ・スムート(1945年 – アメリカ)

授賞の根拠:「宇宙マイクロ波背景放射の黒体放射スペクトルと異方性の発見」

画像: ジョージ・スムート Nomo・マイケル・ホーフナー http://www.zwo5.de – 自分の作品, ,リンク

2011

遠方超新星観測による宇宙の加速膨張の発見

ソール・ペルマッター (1959年 – アメリカ),ブライアン・P・シュミット(1967 – アメリカ) アダム・リース(1969 – , アメリカ)

ソール・ペルマッター (1959年 – アメリカ),ブライアン・P・シュミット(1967 – アメリカ) アダム・リース(1969 – , アメリカ)

授賞の根拠:「遠くの超新星の観測による宇宙の加速膨張の発見」

画像: ホルガー・モツカウ(ソール・ペルマッター), ウィキペディア/ウィキメディア・コモンズCC ,リンク画像: ティム・ウェテレル(ブライアン・P・シュミット), リンク画像: アダム・リース(ホルガー・モッツカウ), ウィキペディア/ウィキメディア・コモンズ, ,リンク
画像: ブライアン・P・シュミット:ティム・ウェテレルが撮影した写真リンク
画像:アダム・リース、ホルガー・モッツカウ撮影、

2019

最初の系外惑星(メイヨ―ルとケロズ)の発見と物理宇宙論における理論的発見(ピーブルズ)

ミシェル・マイヨール(*1942年、スイス)、ディディエ・ケロズ(*1966年、スイス)

ミシェル・マイヨール(*1942年、スイス)、ディディエ・ケロズ(*1966年、スイス)

授賞の根拠:「太陽型恒星を周回する系外惑星の発見」

画像(左):ヨーロッパ南天天文台、ウィキペディア/ウィキメディア・コモンズ(cc-by-sa-2.0)、CC BY-SA 2.0、リンク
画像(右):M.マッコーリアン(ESA)/ESO、ウィキペディア/ウィキメディア・コモンズ(cc-by-sa-4.0)、CC BY-SA 4.0、リンク

2020

ブラックホールの研究と銀河系中心の超大質量天体の発見

ブラックホールの研究と銀河系中心の超大質量天体の発見

ロジャー・ペンローズ(*1931、オックスフォード大学、英国)
授賞の根拠:「ブラックホール形成が一般相対性理論の堅牢な帰結であるという発見」

アンドレア・ゲズ(*1965、カリフォルニア大学ロサンゼルス校)と・ライヒハルト・ゲンツェル(*1952年、ドイツ、カリフォルニア大学バークレー
)の授賞の根拠:「銀河系の中心にある超大質量コンパクト天体の発見」

https://www.nobelprize.org/prizes/physics/2020/advanced-information/

https://www.nobelprize.org/prizes/physics/2020/press-release

画像(ペンローズ):ウィキペディア/ウィキメディア・コモンズリンク
画像(ゲズ):zimbio.com、リンク
画像(ゲンツェル):ウィキペディア/ウィキメディア・コモンズ cc-bリンク