クリスティアン・アンドレアス・ドップラーの生涯 (1803-1853)

クリスティアン・アンドレアス・ドップラーの伝記

1803年11月29日

1803年11月29日

クリスティアンは、ザルツブルクのハウス・マカルトプラッツ1番地の石工頭ヨハン・エファンゲリスト・ドップラーと彼の妻テレジア(旧姓ゼーロイトナー)の五人の子供の三番目として生まれました。

写真: レポレッロ(自作)[CC BY-SA 3.0(http://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0)またはGFDL(http://www.gnu.org/copyleft/fdl.html)]、ウィキメディア・コモンズ経由

1810 – 1821

ザルツブルクの小学校と高等学校、リンツのドイツ師範学校時代

1810年から1816年まで、クリスティアン・ドップラーはザルツブルクの小学校に通いました。

石工頭の息子としては華奢な体格で、小学校卒業後に家業につくことは考えられませんでした。そこで、父はクリスティアンが良い仕事に就く選択肢として、当時徐々に増え始めた中産階級の子弟を教える学校に入学させ、商業か知的職業を探すことを促すことにしました。クリスティアンは小学校での成績が良く、特にその並外れた数学的才能を認めた数学教師ジーモン・シュタンプファーの推薦で、1816年にザルツブルクの高等学校(ギムナジウム)に推薦入学することになりました。

しかし、1819年に彼の父親はザルツブルクの高等学校を退学させ、リンツの師範学校に転校させました。これは、クリスティアンの人生を確実なものにするための商業の専門訓練を受けさせることを期待しての措置でした。

1821 – 1825

1821 – 1825

ウィーン高等工業学校での数学、幾何学、物理学の研究

クリスティアンがドイツ師範学校を卒業した後、再びジーモン・シュタンプファーの助言を得て、彼はウィーン高等工業学校(現ウィーン工科大学)に送られ、1825年には優秀な成績で同校を卒業しました。

1825 – 1829

ザルツブルクの中等学校

高等工業学校での教育の後、大学で学ぶため、ドップラーは高等学校の卒業資格を取得する必要がありました。すでに3年間高等学校に通っていたドップラーは、残りの6学期の教育課程を通常の半分の期間で修了しました。彼は2年間高等学校に通い、37人中で最もよい成績で卒業し、そして「傑出した」または「驚くべき」との評価を得ました。同時に、彼はまた、英語、イタリア語、フランス語を習得しました。

1829 – 1833

彼はウィーンの高等工業学校(現ウィーン工科大学)で高等数学の助手として有期契約でアダム・バーグに雇われました。

1834

ブルック・アン・デア・ライタの会計士としての雇用

研究職を求めている間、クリスティアン・ドップラーはブルック・アン・デア・ライタ紡績工場で1年間会計士として働いていました。研究職への応募はすべてうまくいかなかったので、彼はアメリカへの移住を計画しました。しかし、この計画が具体化し始めたころ、彼はプラハ高等工業学校から算術、代数、幾何学の教授の地位のオファーを受けました。

1835 – 1841

プラハ高等工業学校の算術、代数、幾何学の教授。

1836

1836

結婚

1936年、32歳のドップラーは、ザルツブルクの評判の金銀細工師の娘である24歳のマチルデ・シュトゥルムと結婚しました。次の11年間、ドップラー家はプラハに住み、五人の子供たちに恵まれました。

1840

1840

1840年には、神学者で数学者であったベルンハート・ボルザノの推薦で、ドップラーはボヘミア王立科学協会の会員に選ばれました。

1842年5月25日

「連星や他の星の光の色について」を出版

Download: PDF – Copyright unclarified

1847年 – 1849年

シェムニッツ


シェムニッツでの教授

スロバキア鉱石山脈の町シェムニッツ(今日のバンスカー・シュティアフニツァ)の鉱山森林学院の数学物理学教授に任ぜられ、同時に「帝国王立探鉱顧問」に任ぜられました。

Image By Benjamín Jarčuška (Own work) [CC BY-SA 3.0 (http://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0), via Wikimedia Commons

1848年

ウィーンのオーストリア科学アカデミー会員に選出されました。プラハ大学500周年記念祝典時に同大学から名誉博士号を授与されました。

1849年

Simon Stampfer

 


ジーモン・シュタンプファーの後任として、ドップラーはウィーン高等工業学校の幾何学教授に任命されました。

1848年にハンガリー王国がオーストリア帝国から独立しようとするハンガリー革命が起こり、騒ぎはウィーンからブダペストにまで広がりました。民族主義台頭の影響は、当時ハンガリーの町であったシェムニッツにも及び、シェムニッツ探鉱学院も2年間閉鎖されました。
1849年の初め、ジーモン・シュタンプファー教授はその業績により騎士に任ぜられ、引退しました。彼は自分の学生だったドップラーの学術的業績を顕彰する上で大きな役割を果たしました。ウィーン高等工業学校の測地学主席教授が空席となり、シュタンプファーの後任としてドップラーが選出されました。

1850年1月17日

1850年1月17日

ウィーン大学物理学研究所初代所長

フランツ・ヨーゼフ皇帝はウィーン大学に物理学研究所を創設することを認可し、ドップラーをその所長に任命し、同時に同大学の実験物理学教室の教授に任命しました。これはドップラーの経歴の絶頂期となりました。

画像:ドップラーの新設の物理学研究所とアパートがあったウィーン郊外のラントシュトラーセ104番地(後のエルドベルガー大通り15番地)の建物。著作権: Echophysics archive

1852年11月

1852年11月

肺病を患いベニスに滞在

彼の肺病は17歳まで父の石工場で働いたことに恐らく関係しているものと思われます。石工場の埃のせいで、彼は父親や兄と同様に珪肺を患ったでしょう。

ドップラーはベニスの海のきれいな空気で症状改善を期待したのでした。

1853年3月17日


ベニスでクリスティアン・アンドレアス・ドップラーが死去

1853年3月17日、ベニスでの150日間の闘病生活の末、妻に看取られて クリスティアン・アンドレアス・ドップラーが死去しました。

書籍に基づく情報:

Christian Doppler – Der für die Menschheit bedeutendste Salzburger, Clemens M. Hutter

Unfassbare Strahlung – Werdegang zur Modernen Physik, Peter M. Schuster, Lily Wilmes

Weltbewegend – unbekannt. Leben und Werk des Physikers Christian Doppler und die Welt danach,  Peter M. Schuster

Moving the Stars – Christian Doppler, His Life, His Works and Principle, and the World After, Peter M. Schuster

ドップラーの人生に関する他の情報源:

オーストリアフォーラム

ウィーン大学 |モニュメント