クリスティアン・ドップラーの支持者と敵対者たち

ドップラーの生前の重要な支援者たち

ドップラーの最初の師匠であり支援者であったザルツブルクとウィーンの数学者アダム・ブルクと測地学者ジーモン・シュタンプファーの二人に続き、後にプラハでは数学者ベルンハルト・ボルツァーノと気象学者カール・クライルが、それぞれドップラーを支援する友人となりました。 4人とも最後までドップラーをよく理解し、支援し続けました。

ウィーンの哲学者フランツ・エクスナーはドップラーとの深い友情を築き、後にウィーンの教授となったドップラーがプラハの社会だけでなく、ウィーンでも受け入れられたと感じられるようになったのは確かです。エクスナーは特にアカデミーでの論争でドップラーを助け、1852年には一緒にイタリアに旅行しました。だが、二人ともすでに不治の病に冒されていて、再び戻ることは無い運命でした。

アダム・フォン・ブルク男爵 (1797年1月28日ウィーン生まれ~1882年2月1日ウィーンで死去)

アダム・フォン・ブルク男爵

ブルク男爵は80歳の誕生日の感謝の言葉の中で、ドップラーは、彼の講義を受け優秀な成績で卒業した学生の一人で、人生においても優秀で尊敬される地位を得た者と言及しています。
»もっと

ジーモン・シュタンプファー

ジーモン・シュタンプファー

シュタンプファーとクリスティアン・ドップラーとの出会いは、科学史の中でも最も幸運な出来事の一つであり、ドップラーの才能と興味の発展にとって、シュタンプファーの影響は過大評価することはできません。
»もっと

ベルンハルト・ボルツァーノ

ベルンハルト・ボルツァーノ

哲学者であり、司祭でもあり、時代を超えた偉大な論理家の一人であったボルツァーノは、当時の物理学では非常に珍しく、ドップラーの思弁的方法が、数学での彼の考え方に似ているように思われ魅了されたのでした。
»もっと

カール・クライル

カール・クライル

オーストリアの気象学と地磁気学の偉大な伝統の創始者クライルは、1845年にオーストリアの雑誌『オーストリアの文学と芸術誌』にドップラーへの賞賛に満ちた評価を書いています。
»もっと

フランツ・エクスナー

フランツ・エクスナー

プラハのロスマルクトにあったエクスナーの家には、多くの客が呼ばれ集いましたが、クリスティアン・ドップラーはすぐに自宅にいるように感じ、シュナイダー神父、ロベルト・ツィマーマン、フランツ・パラッキー、トゥン・ホーエンシュタイン伯爵など、重要な人々と知り合いになりました。
»もっと

クリスチャン・ドップラーの生涯の重要な論敵

「抵抗なくしてイノベーションは起こらない。最終的には、新しい発見に抵抗が少ないほど、そのような発見は早晩陳腐化すると言わざるを得ない。」と、ハンス・ゲオルグ・ガダマーは1981年、ザルツブルク音楽祭のオープニングのスピーチで述べています。ザルツブルクの物理学者クリスティアン・ドップラーによってもたらされたものよりも長い道のりを歩んできた技術革新はほとんどありません。科学の歴史に対する理解不足に加えて、近代物理学の新しい考え方がまだ外国人であったドップラーの敵対者たちが特別な役割を果たしていました。

ドップラーの存命中の敵対者は、彼の支援者と同様に、自然科学の分野で最も重要な人物の一人であった。ドップラーとの間の論争が、ドップラーの仕事の意義を明らかにすることにつながっているからこそ、このような大きな関心を集めているのです。

約半世紀に及ぶ論争を検証することは、このようにして明らかにするべき作業でしょう。それは、パラダイムシフトに関するトーマス・S・クーンの議論に、さらに具体的な事実を提供することになるでしょう。

ヤーコブ・フィリップ・クーリク

ヤーコブ・フィリップ・クーリク

プラハの高等数学教授クーリクは、ドップラーがその論文中で、最近の幾人かの数学者に見られる共通の誤りに陥っていると批判しました。
»もっと

ヨハン・ハインリッヒ・フォン・メドレル

ヨハン・ハインリッヒ・フォン・メドレル

1843年にこの著名な天文学者が書いた、ドップラーの説に対する論評はドップラーに衝撃を与えました。ドップラーは鋭い反論を書きましたが、1844年までその反論は『オーストリア文学芸術誌t』に掲載されることはありませんでした。
»もっと

ヨーゼフ・マクシミリアン・ペッツバル

ヨーゼフ・マクシミリアン・ペッツバル

1901年11月6日、ウィーン大学のアーケード中庭で、ペッツバルの記念碑が、彼が生前猛烈に反対していたクリスティアン・ドップラーの記念碑と一緒に除幕されたのは、奇妙な偶然でした。
»もっと

テキスト:ピーター・マリア・シュスター博士